オンクレ攻略法(初心者編)

始めに...


いきなりだが、こう見えて俺はオンクレ黒帯である。そんな俺がこれからオンクレを始めようというあなたにオンクレの基本を教えてやろう。


f:id:yasudeath:20180901120859j:image

まずどこでやるかだが、俺も有名な所だい たいやってきてやはり、ネッチ系列は、はずせないだろう。

ネッチ系列というのは、まずネッチ、鑑定団、みん5、凄腕、アピナといったところだろう。

ネッチ系列は一回の値段も安くサービスもいいからだ。次はオンクレのやり方だがそれはグーグルでオンクレ橋渡し、やオンクレたこ焼きと入れてもらえば、その手の動画が出てくるのでそれを参考にしてくれ!

 

技術面の話じゃなく


じゃあ、あんた必要ないじゃんというツッコミが入りそうだが、ブログ初心者の私が文章で説明するのも無理がある。

ただ、橋渡しや吊り下げといったものは絶対取れる方法があってそれはやり続けるということだ。だいたい普通の店でやるクレーンゲームと同じで、3千円以上やり続けると、スタッフが、後一回やれば取れる位置にしてくれるのだ。

これで絶対取れるだろう。ただ、3千円以上やり続けても、スタッフがきてくれない時もあるので、そういう時は、問い合わせをしてすいませんがアシストしてください、と書けば大抵少し待つと、取れる位置にしてくれるだろう。

だが、ネッチ系列以外の所でやると某会社では、いつまでたってもアシストしてくれないのでそういう面でもネッチ系列は良心的なのだ。

 

たこ焼き台について


あとは、たこ焼きだが、これに関してはもう、運まかせしかない。一発で入るラッキーな時もあれば、沼という当たり穴以外に入り続けピンポン玉の山になった状態の時もある。

もう、そうなったら涙目でさらにやり続けるか、ネッチ系列では、鑑定団以外は、当たり穴以外全部埋まれば、景品ゲット扱いしてくれる所もある。

ただし、ネッチのたこ焼きはよほどじゃない限りやらない方がいい。何故なら見りゃわかるが、たこ焼き台をおおっているガードが、極端に低いからだ。

当然、ガードが、高くたこ焼き台にピッタリくっついてる方が玉が台に跳ね返っても穴に入ってくれる。なので、クレーンがたこ焼き台により近いほど、跳ね返りも少なく入り易いのだ。

そこら辺もよくみてやった方がいいだろう。中にはいい、スタッフもいて、沼ると玉を入り易い所に置いてくれる人もいるのでたこ焼き台は、あきらめずにやる方がいいだろう。

 

爪の先に注意!


あと初心者が見てほしいのはクレーンの爪の先である。当然のことだがクレーンの爪の先が、90度に近いほど掴む力は大きくなる。よく爪の先が開ききってしまってよくつかめないものもあるので注意してほしい。慣れて来たらそういう爪の先のことも考えてみるとやりやすくなってくる。

あと3本爪のもあるのだが、これは持ち上げた時数秒間だけその場に留まってしまう場合がある。その時に落ちてしまうので、なるべく重いものやつかみにくい球形のものはよほどのことがない限りつかめないということを理解しとこう。

3本爪もよほど運がない限り、一発じゃ取れないので何回も落としながらだんだんと近づけていくパターンがいいだろう。まああとは初心者は見て覚えることなるべく人もやっているもの見て、自分で覚えていくのがいいだろう。

まあ、箱掴みにしろ、たこ焼きにしろ、ラッキーな時は他の人が取れなくなったりポイントがなくなったりして取れなくなった途中で置き去りになったラッキーな台があるので(そういうのをハイエナをするという)いろんな台をパトロールして見るのもいいだろう。

まああとは自分で慣れるまで頑張ってみるしかない。コツなどそのうち分かってくるだろう以上初心者用のオンクレのやり方でした。